ニュース&トピックス
ニュース&トピックス

藤巻健史 参議院議員とアブラハム社長 高岡壮一郎の対談を掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.01.22

富裕層を中心にファン急増中の参議院議員 藤巻健史氏と、富裕層向け財産保全コンサルティング会社 アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社 代表取締役社長の高岡壮一郎の対談が掲載されました。
記事はこちらからお読み頂けます。
藤巻健史 参議院議員 × 高岡壮一郎 アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社 代表取締役 緊急対談/海外投資新聞

藤巻健史 プロフィール
1950年東京生まれ。1974年に一橋大学卒業後三井信託銀行に入社し、留学などを経て1985年に退社。その後モルガン銀行東京支店長、モルガン時代は会長より「伝説のトレーダー」の称号を送られる。退社後投資家として活動。その他に一橋大学、早稲田大学大学院等の非常勤講師の活動も行っていた。
2013年6月10日に日本維新の会より第23回参議院議員通常選挙比例代表での出馬を表明。当選を果たした。現在は維新の党 参議院議員。維新の党参議院政務調査会長、維新の党党政務調査会副会長、維新の党税制調査会副会長、参議院財政金融委員会理事、参議院デフレ脱却調査会理事。

高岡壮一郎 プロフィール
1974年生。東京大学卒、三井物産入社、海外投資・情報産業事業・M&Aに従事後、2005年にアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社を創業。“IT×金融×富裕層”領域のグローバル・カンパニーであるアブラハム・グループ各社の代表取締役社長に就任。九州大学非常勤講師(起業論)。
2015年1月より、富裕層向け財産保全コンサルティング会社 アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社を経営。