ニュース&トピックス
ニュース&トピックス

≪AIJ投資顧問事件≫投資家が虚偽ファンドを見分ける3つのチェックポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.02.27

AIJ投資顧問の年金消失問題で、海外ファンドが取りざたされています。海外ファンドについては個人投資家の関心も高まっており、各誌で取り上げられています(注1)。アブラハム・プライベートバンク株式会社(関東財務局長(金商)第532号投資助言業)は、個人投資家に対して海外ファンドに関する中立的な評価・分析・助言を提供するゲートキーパーとして、投資家が虚偽ファンドを見分ける3つのチェックポイントをお伝えします。

※注1
日経ビジネス2012年2月13日号 「資産逃避 日本を見限る個人マネー」
ダイヤモンドザイ2012年4月号 「世界の好成績ファンドにアクセスしたいなら・・・海外ヘッジファンドは直接買える?」
日経ヴェリタス2012年2月19日 オフショアファンド・・・現地で「直接投資」


■投資家が虚偽ファンドを見分ける3つのチェックポイント
1.投資ファンドのスキームに第三者機関が介在し、透明性があること
(図1、2)
2.年率15%以上の運用実績は疑うべき(図3)
3.投資対象と投資家の間に、中間業者がいないか(個人投資家の場合も同様)(図4)

※詳細は、アブラハム・プライベートバンク社長 高岡壮一郎ブログをご覧ください。

高岡 壮一郎:アブラハム・プライベートバンク株式会社 代表取締役社長
東京大学卒業後、三井物産株式会社を経て、アブラハム・グループを起業。日本最大の富裕層向けプライベートクラブYUCASEE(ゆかし)および、ヘッジファンド等、海外投資に強みを持つ投資助言会社アブラハム・プライベートバンク株式会社(関東財務局金商532号)を経営。


図1.投資ファンドのスキームの透明性があること(本来あるべき姿)

図1-あるべき姿



図2.AIJ投資顧問のケース

図2-AIJのケース




図3.世界トップレベルの運用業者のランキング


図3-FundTop10
※詳細は、BloombergTop100Performingをご覧ください。


図4.個人投資家が直接投資をする場合


図4-あるべき姿(個人)